« おこりんぼの さえすけ | トップページ | さえすけ姉 8歳の誕生プレゼント »

発達障害者支援法パブリックコメント

つぼみパパMLで厚生労働省が「発達障害者支援施策」に関する意見募集(パブリックコメント)をしていることを知りました。当事者が声をあげなくてどうする・・・と思いつつ、どうやって書いていいかわからずにいました。

そうしていると、カイパパ通信に、パブリックコメントの記事がのりました。カイパパさんが、ひな形を考えてくれたのです。おかげで私たちも書くことができました。

カイパパさん ありがとう!


発達障害者支援施策に関する、パブリックコメント(さえすけ父・母)
発達障害者支援法に基づく具体的施策について
1.私の立場
  保護者

2.私たちが困っていること、不安なこと
①過去
障害をもつ子どもに、親としてどうしてやればいいかわからなかった
・医者の数が少ない。遠くの専門医のところに通った
・遠くの専門医でも、親に対して障害についての丁寧な説明はなかった
・1歳半検診後に紹介された市の園(母子通園)の目的がはっきりしていない
              
②今
療育施設で療育の柱としてきたことが小学校につながらないのではないか
・ノーマライゼーションの理念の無理解によって、就学時の話し合いがうまくいかない
・先生と親のみの教育計画で、本当に子どもに適切な教育になるかが不安。行動療法士、言語療法士、ソーシャルワーカーの意見も入った教育計画と実行をしたいが、現状ではむずかしい。

③将来
この子はどうやって暮らしていくのか
・就労できるのか?
・余暇をどう過ごすのか?
・親のいなくなった後は?(子どもの生活、財産管理)

3.発達障害者支援法を具体化する提案
○子どもに関わる職業につくには、発達障害の基礎知識を学ぶことを義務付ける
○療育施設や学校で個別支援教育を作るときに、専門家の意見を取り入れることを義務付ける
   
4. 発達障害者支援センターに期待する役割 
○各自治体に対しての指導(講習会等での人材育成)
○療育・教育・就労に専門家の支援が入るシステムの構築
 
5.結び~発達障害者支援法が創る未来への期待
○まだ一般に知られていない発達障害ですが、この支援法により人々に理解され、障害があっても幸せに暮らせる社会になることを期待します。

|

« おこりんぼの さえすけ | トップページ | さえすけ姉 8歳の誕生プレゼント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 発達障害者支援法パブリックコメント:

« おこりんぼの さえすけ | トップページ | さえすけ姉 8歳の誕生プレゼント »