« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

鰯の天敵

今日の明け方に気持ちが悪くて目が覚めました。胃が・・・。

昨日、さえすけの通う小学校で、今後のこと(特に夏休みのすごし方)を話す機会をいただきました。さえすけがどんな力を身につけていくべきか、建設的な話し合いが続きました。特に教育委員会の先生がすごく勉強されていて「すごい先生がいるなぁ」と感心しました。

でも最後の校長先生の言葉が、、、ガタイはでかいが気は小さいおやじにじわじわきいてきました。いい人だとは思います。真剣に「障害のある子は養護学校にいくことが一番幸せ」と思っているようです。

たしかにそういう場合もあると思います。でも私たちはここを選んだのです。ここでの最良を考えてほしいのに・・・。

帰りに嫁さんと歩きながら、

 おやじ : 「校長先生はあれだ、鰯の天敵」

 嫁   : 「何それ?」

 おやじ : 「捕まえた鰯の水槽に天敵のハマチを入れとくと、緊張で長生きするんだよ。テレビで言ってた」

 嫁   : 「なんじゃそれ(笑)」

嫁さんは「ちっともわかっとらん!」とエネルギーを発散し元気に職場へ、弱いおやじはお休みをいただきました(^^ゞ  鰯を見習わないと(^.^)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

わっしょい! 2005年7月

今日はわっしょい!の活動日 武豊町ゆめプラザの一室を借りてみんなで遊びました。

また、今日はわっしょい!初の見学会もしてきました。みんなで遊んでもらっている間、近くの事業所等を見に行くというものです。

WS000011 最初にお願いしたのは、アートスクエア(社会福祉法人むそう)です。障害のある人が働くということはどういうものかが見たくて申し込みました。

見学会にはおやじ6名とサポーター1名の計7名で行きました。アートスクエアに着くと会議室に案内されました。そこでビデオを見ながら障害者とともに活動してきたふわり、そしてむそうのことについて教えてもらいました。

私たちに応対していただいたのはアートスクエア施設長の加藤さんです。はきはきとした話し方でとてもわかりやすく説明していただきました。「こんなふうに創りたい地域生活支援システム」というお話のなかで、地域の人と一緒に活動することが大切というお話は実体験に基づいているのはもちろんですが、ポイントがしっかり押さえられていてとても参考になりました。

見学会を通して感じたことは、視覚的で具体的でわかりやすかったということです。よく自閉症の方の支援で言われることですが、非自閉症の人でも同じです。今日来られなかったメンバーにもぜひこの見学会をすすめたいと思いました。

時間の関係でうんぷうのらーめんが食べられませんでしたが、みんな場所はわかったので家族で食べに行くと言っていました。うちはもう何度も行ってます。おやじは塩らーめんがお気に入りです。まだ行ったことのない方、お勧めです(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さえすけ 7歳の誕生日

今日はさえすけの誕生日。7歳のさえすけは幼児の顔ではありません。子どもが大きくなるのは早いですね。

P7090117 でも、さえすけは誕生日だってわかってるのかな・・・なんて思いながら食事の後片付けをしていると、さえすけが食器棚のコーヒーカップを出せと言いました。毎年誕生日のケーキを食べるとき親はコーヒー飲んでるもんね。ちゃんと覚えてました。

今年はノンタンのケーキにしました。学校に本やビデオがあって、さえすけのお気に入りです。ケーキを見た途端、満面の笑顔になりました。

さえすけがずっと笑顔ですごせるように、もちろん さえすけ姉、母、父もずっと笑顔で暮らせるように、みんなで力を合わせていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうすぐ夏休み

はやいもので、もうすぐ1学期が終わり夏休み・・・。となりでテストの○つけしているさえすけ母は「成績表できないと夏休みは来ない (>_<) 」と言ってますが(^^ゞ

夏休み娘たちはわたぼうし(学童)に行きます。今年もわたぼうしキャンプが楽しみなさえすけ一家です。8月には石垣島にも行きます。夏休みは楽しみが多いです。

もうすぐといえば、今週土曜(9日)はさえすけの誕生日です。今年はどんなケーキがいいのかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »