« 家族 | トップページ | ウォーリーの講演会 »

わたぼうし トレーラーハウス準備

NPO法人 生活支援センターわたぼうし が新しい事業を新しい施設で始めます。

IMG_1006 新しい施設にはトレーラーハウスが使われます。

自分たちにできることは自分たちでやるというスタンスで、フローリングも自分たちでやったようです。

昨日はこのハウス内の石膏ボード打ちに行ってきました。

 

IMG_1011 ←作業前、けっこう天井が高いんです。石膏ボードってどうやって打ちつけるのかわからないおやじは「自分にできるかなぁ、今日で終わるの?」と思いました。

 

IMG_1016 代表の通称なっちさん(なんでなっちなのかは・・・か、書けません)は女性ながらパンパンとボードを打ちつけていきます。教えてもらいながらおやじも参加。けっこうむずかしいですね。プロの方もみえて、その方と比べてなんだか申し訳ない出来になってしまいましたm(_ _)m

夕方前には作業が終わり、はじめての石膏ボード体験はなんとか無事(?)終了しました。

なかなかできない体験でした。またおじゃましようと思います。

|

« 家族 | トップページ | ウォーリーの講演会 »

コメント

作業ご苦労様でした。
私もわたぼうしの新事業にはお世話になるつもりです。
これからなにかお手伝いできることがあれば、私も参加しよっ♪

今日のわっしょい!はさえすけ姉とうちのるるがとっても仲良く遊んでて、ほほえましかったです。娘の父親としては複雑かもよぉぉん♪

投稿: めめ | 2005.09.11 23:19

めめさん こんにちは

わたぼうし新施設はまだまだやることがあるので、めめさんが参加してくださるのなら大歓迎ですよ。きっと。

ちなみに、フローリングのワックスがけとか、ロフトの床材を敷くとか言ってました。わたぼうしのスタッフのみなさん、レスしていただけるとうれしいです。

るるくんと楽しく遊んだと聞きました。なんかいいですねぇ、わっしょい! 今年はなかなかおやじは参加できてないんですよね。来月こそ参加します。

投稿: さえすけ父 | 2005.09.12 00:02

さえすけパパ、本日のフローリング磨きもありがとうございました!お疲れ様です。

わたぼうし、このまま現場作業員になっていく勢いで、スタッフ一同作業慣れしてまいりました。道具が増えていくのも楽しかったりしています。

それにしても、本当に物作りは楽しいですね。
こんな楽しい経験、さえすけパパやわたぼうしスタッフで独り占めしちゃぁもったいない。。

このコメントをご覧のみなさん、力仕事、大工仕事、お掃除、世間話、なんでもOKです。
みんなで作っていく、みんなの居場所作りに、是非ご参加下さい。
※明日(9/18)はウッドデッキ磨きと、出来ればペンキ塗りの予定です。朝8:30,有楽町施設へ『現地集合』でございます~。

名前の由来は秘密の「なっち」でした。お邪魔しました~。

投稿: なっち | 2005.09.17 19:59

なっちさん 今日はありがとうございました。

木にペンキ塗る前のサンダーがけ、最初は振動でうまく持てませんでしたが、しばらくしてコツがわかってきました。木がきれいになっていくのを見ながら楽しい作業でした。

明日もよろしくお願いします。明日はおねえちゃんも参戦します。

P.S. 展示品のサンダーに箱・取説がないと聞きすぐさま値切ったなっちさん、さすがでした(^^ゞ

投稿: さえすけ父 | 2005.09.17 22:47

 こんばんは 生活支援センターわたぼうしのきこです。さえすけ父、毎週の応援ありがとうございます!あの後一人地道にサンダーがけをがんばりました。しかし今週はなんだか忙しくてなかなか思うようにはできませんでした。またの応援お願いします。そして・・・より多くの皆さんに新しい事業への参加を声かけていきます。『持ち前のずうずうしさ』はここで発揮をしたいと思います。
 そうそう・・・発見しました。サンダーについているボタンを押すと・・・なんと、ずっとサンダーは動き続けます。あのびりびり感を少し緩和できます。「なあんだ!」と発見を一人でよろこんだきこでした。
 それでは。

投稿: きこ | 2005.09.23 00:28

きこさん こんにちは

サンダーがけ、おつかれさまです。
また行きますのでよろしくお願いします
(今週は土曜日まで出勤なので、来週は行けそうです)

フローリングのワックスがけもしてみたいさえすけ父でした。

投稿: さえすけ父 | 2005.09.24 06:51

I like this post, enjoyed this one thank you for putting up. No man is wise enough by himself. by Titus Maccius Plautus. dkegddbffgkf

投稿: Johne211 | 2014.08.20 21:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16143/5896719

この記事へのトラックバック一覧です: わたぼうし トレーラーハウス準備:

« 家族 | トップページ | ウォーリーの講演会 »