« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

ひかりのさとファーム見学のあとで

hikarinosato_kurumi2時間の見学を終え、昼食はひかりのさとファームの事業のひとつである”レストランくるみ”でカレーセットをいただきました。このカレーセットおいしかったです。また食べに来たくなりました。

食べ終わったころ、うた父さん(blog歩いていこうよのsnowさんのダンナさん)が外を歩く人をさして「さっきさえすけ父に話したそうにしてたよ」と教えてくれました。外を見ると今回の見学を決めるきっかけになったNさんが歩いていました。NさんはQOL部なんじゃもんじゃで自閉症の方たちといっしょに働いています。みんな大ちゃんと呼んでます。実は大ちゃんのおかげで今日の見学会ができたんです。お礼を言いたいと思っていたところでした。うた父さんありがとう(うた父さんは見かけによらず(?)とても気を使う人なんです

b44cbf58.jpg大ちゃんは今年の2月、つぼみの会施設職員セミナーで発表したり、8月には自閉症カンファレンスで発表したりしています。職場ではTEAECHやPECS等を勉強し、それを自分の考えに取り込み実践しています。

走って大ちゃんのところに行き、お礼を言いました。そしたら「自閉症の人が働くところを見ます?」と言ってくれました。午前中は見られなかったので、「ぜひ!」とお願いしました。

そこでの活動はスケジュールで示してあり、それに基づいて働いていました。そこでのスケジュールは一方的な指示ではなく、PECSを使ったやりとりができるようになっていました。たとえば休憩時に飲み物が飲みたいとき、マイカードの中から好きなものを選んで渡します。そうすることで自分の意思を相手に伝え、自分のしてほしいことを手に入れられるのです。

ある方はコーヒーが大好きで、PECSを使う前は”飲みたい”ことを伝えられず、人のコーヒーを取ってこぼしてしまうことがあったそうです。でも今はPECSで伝えられるので、大好きなコーヒーを安心して飲めるようになりました。もちろん人のコーヒーを取ってしまうこともなくなったようです。

大ちゃんの説明を聞きながら見学していると、コーヒーを飲み終えた彼が私たちに手を振って「バイバイ」と言いました。帰ってほしいんですね(^^) これ、羨ましかったです。帰ってほしいことを相手に伝えたんですから。(私たちがストレスになって、それが溜まって爆発なんてなったら申し訳ないとこでした)

会社休んだ価値ある見学会でした。とってもよかったです。ひかりのさとファームのみなさんに感謝します。そして予定外の見学案内をしてくれた大ちゃんありがとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さえすけ姉のつぶやき(その3)

「私よりさえすけの方が
早く結婚すると思う!
だって、さえすけの方がかわいいもん!」

いやいや、さえすけ姉、まけてないぞ!

byさえすけ母

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さえすけ姉のつぶやき(その2)

「ママは、さえすけと何がしたい?
私は、さえすけとおにごっこやかくれんぼをして
遊びたいな。
スイミングでおいかけっこしてる
きょうだいがすご~くうらやましい。」

涙が出ました・・・

byさえすけ母

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さえすけ姉のつぶやき(その1)

「時々、じーっと考えるんだ。
考えれば考えるほど変な感じ。
さえすけが、自閉症ってこと・・・。
だって、自閉症は100人に1人だから、
少しの人ってことでしょ。
その少しの人にさえすけが入ってるんだ。
変なの。」

自分にとって当たり前の
ふつうのことが、
世間では珍しいことって思われることへの
とまどいでしょうか。

さえすけ姉8歳。
自分探しの旅に一歩足を踏み入れたってことかな・・・

byさえすけ母

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わっしょい! ひかりのさとファーム見学

IMG_1098今日は有休を取って知的障害者授産施設ひかりのさとファームを見学してきました。



親の会わっしょい!の仲間に呼びかけて母2名、おやじ3名が参加しました。

ひかりのさとファームは社会福祉法人 愛光園の事業のひとつです。愛光園は昭和40年4月に”どの施設へも、学校へも行かれない重い障害児のための通園施設として生まれました。国や県からの補助金は全くない未認可施設でしたが、心ある人々の支援と協力によって育てられてきたと聞きました。昭和47年4月肢体不自由児通園施設として認可され、昭和48年1月に社会福祉法人として認可されました。

私たちの先をゆく人たちの苦労・努力・支援・奉仕・・・。そして今があるんですね。そしてわたしたちの番です。わっしょい!でもなにかしたいねとみんなで話しました。見学についてはめめさんのblog「きらきら ぐるぐる」も見てください

IMG_1102ひかりのさとファーム自主製品のパンとコーヒー豆を買ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

障害者と市民のつどい(名古屋市)

IMG_1097ハンディマラソンのコース警備のボランティアに行ってきました。栄のセントラルパーク周りの車道を規制して走ります。あらためて世の中にはいろんな人がいて、みんな一生懸命生きてるなぁと思いました。

IMG_1094←自閉症協会のブースです。マラソンの後はみんなでおみこしかついで会場を一周しました。来年は家族で行こうと思います。

 

しかし、「障害者と市民のつどい」というのはどうかなぁと思いました。障害者だって市民です。今年で25回目ということなので昔はそういう感覚だったんでしょうね。でも今時・・・過剰反応かもしれませんが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こもれびのヘルパーさんと

こもれびの初ホームヘルプです。ヘルパーさんはわたぼうし(学童)でお世話になったことのあるYさんです。事前にPECSで何をしてすごすかさえすけと相談し、自転車(補助輪あり)で小学校にいくことにしました。

Yさんは今日がはじめてのホームヘルプだそうです。さえすけも初こもれびなので、ちょっと見てこようということになりました。

c1e8a3ce.JPG←二人に気づかれないように見守るさえすけ姉です。うまくいっているようです。



あっという間に2時間が過ぎ、たくさん遊んでもらいました。こもれびも大好きな時間になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

言語訓練

久しぶりにさえすけの言語訓練を見に行きました

新しい先生の言うこともしっかり入っています。

VFSH1083←先生のきつねをまねするさえすけです。
模倣をするようになってきました 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

走りました!(^^)!

10月9日 小学校の運動会がありました。

さえすけは小学生になってはじめての運動会です。
徒競走・玉入れ・マツケンサンバに出ます。

【徒競走】
おやじはゴールでビデオ構えて待ちました。
不思議と何事もなく走ってくるだろうなと思いました。
そしてスタートの合図
051009_1




まっすぐゴールまで走りました!(^^)!

ほっとして戻ろうとしたら、さえすけ母が校舎のほうへ歩いていました。
「走ったね」と言うと涙で目が真っ赤・・・あれ?
そっか、去年までは考えられないことだったね。

小学校にいくようになってからのさえすけの成長はすごいね。
おやじもコンタクトのすべりが良くなりました。
担任の先生に感謝します。

【玉入れ】
051009_2練習の成果、かごに向かって投げました。






【マツケンサンバ】
051009_3もうニコニコで踊ってます。






【さえすけ姉・徒競走】
051009_4さえすけ姉やりました。去年は3位、そして今年は2位。がんばったね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さえすけ姉の疑問

今朝、学校に行く前にさえすけ姉がつぶやきました。
「なんで、H小学校(さえすけ姉とさえすけの学校)には
目の見えない子や耳の聞こえない子や車いすの子がいないのかなあ・・・」

ほんとだね。変だよね。

学校は、子どもにとって社会です。
大人社会をそのまま映してます。

さえすけ姉の通う学童(わたぼうし)は、
児童デイサービスを併設しています。
おかげで、さえすけ姉は
耳の聞こえない子や車いすの子や
話すことが苦手な子・・・
さまざまな個性を持った子と生活しています。

これが、あるべき社会の姿なんだよね。

                byさえすけ母

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »