« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

言葉あそび

最近さえすけは車の窓から見える看板の文字を読んで遊んでいます。

今日は

「パソコン・・・パソコン・・・ばんそうこう」けらけらけらっと笑っていました。

似た感じの言葉をさがして遊んでいます。

そんなことができるようになったね。

もうすぐ2006年になります。

来年も楽しいさえすけ一家でいきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばんそうこう

さえすけ、かぜをひいてしまいました。
頭とのどが痛いのでしょう。
おでことのどにばんそうこうを貼っていました。

はやく良くなるように・・・。
でもばんそうこうでは治らないよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Kazumasa Oda Tour 2005

oda

小田さん、ほんとに元気な58歳です。


昔の曲も歌ってくれたので(感動!)、中学~高校のころ、暇さえあれば聞いていたことを思い出しました。あのころは大人へのあこがれというか、「小田さん、すごいなぁ」と思いながら聞いていました。

そして私はあっという間に40になり、ステージを走り回りながら歌っている小田さんを見て、「小田さん、すごいなぁ」と思ったのでした。

すばらしい声を聞いて、とっても元気になりました。

しかし、なんであんな声が出るんでしょう(^^) 不思議!

今度の金曜日(12/23)の深夜25:40~27:40
TBSの番組「クリスマスの約束”大好きな君に”」で小田さんのコンサートが見られます。(おやじは録画予約しました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年は行くよ(^^)

昨年は就学のことで精一杯で行けなかったスキー。
今年も学校のことで色々ありますが、気分を変えて今年は行きます。

IMG_1188さえすけは2年前のことを覚えていました。知り合いに借りた道具を見てはかせてと頼んだのです。今日は雪が降ったので、そのまま外に出て歩きました。
IMG_1192撮影:さえすけ母 おやじは寒くて家の中で丸まっていました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わっしょい!2005年12月

7be424c4.JPGわっしょい!12月は、ゆめじろうの施設「ジロムーチョ」を借りてホットプレートを使ってお昼ごはんを作りました。うちが一応幹事だったので食材などを用意して行きました。

ジロムーチョに着くと、もう暖房が効いていました。早くから来て暖めてくれてありがとうございます。

今回はみんなになにが作りたいか事前に聞きました。お好み焼き、焼きそば、たこ焼き、ホットケーキ、そしてとん汁・・・。とん汁はホットプレートでは出来ません。ガスコンロ持込みで作りました。

<お好み焼き>
VFSH0490さえすけのチャレンジ・・・卵を割り、小麦粉、キャベツを入れて混ぜました。けっこう気に入って混ぜていたので、今度家でやってもらおうかな(^^)

<ホットケーキ>
VFSH0495自分で粉を混ぜて作ったホットケーキはおいしいよね。



<たこ焼き>
VFSH0496ここにはさえすけ姉が参加しました。たこ焼き作りを希望したお母さんが気合入りまくりで、ものすごいリーダーシップを発揮していました。ウォーリーさんとこの娘さんもたこ焼きひっくり返していましたよ。めめさんとこの旦那さんも黙々とひっくり返していました。

VFSH0498←ここだけ空気が違う^^;



<とん汁>
VFSH0497とん汁はsnowさんとこの うた君が前の日にヘルパーさんと買い物~下ごしらえをしたものでした。当日はきょうだいで作っていました。りぃちゃん味見でおなかいっぱいにならない?

<焼きそば>
VFSH0492うた父さんの作った焼きそばがおいしかったです。幹事がテキトーなので豚肉とキャベツだけの焼きそばだったんですが・・・。なにかコツがあるのでしょうか?(^^)

今回は幹事といっても食材を準備したぐらいでした。会が始まったら誰が指示するわけでもなくみんな自分から動いて、とっても上手に進みました。毎回思います。「いいなぁ~ わっしょい!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

凹みました

今日、小学校でさえすけのこれからのことを話す機会がありました。

市教委から来年度は養護学校をと判定が出たとのことでした。養護学校の見学もすすめられました。まぁ、予想はしていたので「やっぱりか」というところです。

それだけならこんなに凹まないのですが・・・。

さえすけの近況を特殊学級の先生が話されたなかで、
「給食を手づかみで食べることがある。月曜は必ず、金曜までに指導して良くなるが土日をはさむとまた元通り」というものがありました。初耳だったので、そうなんだと思っていたら校長が

「家ではどうなのですか?学校で指導しても家では手づかみさせているのではないですか?そう疑われてもしかたないでしょう」

と言いました。びっくりして何も言えませんでした。どうしてそんなふうに思うのでしょう?子どもが生きていくために身につけるべきことを一番考えているのは親の私たちです。そんなふうに思われているのだと悲しくなりました。

けっこうがんばっているんですよ。足りませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »