« マウイ島続き ~イアオ渓谷伝説編~ | トップページ | 北京報告1 »

近所の耳のお医者さん

さえすけ母です

とうとう、近所の耳のお医者さんにデビューしました。

歯医者さんに続き、今度は難関耳鼻科へ!
と思ってはみるものの、歯医者以上に恐怖感の強い耳鼻科。
しかも、近所の耳鼻科は、お医者さんも看護師さんも怖いと評判・・・。
なかなか決心がつかないままになってたんですが、このお盆休みに耳だれがあり受診せざるを得ない状況に。
休みが明けた今日、さえすけのことを書いたメモを持参していきました。

怖いと評判の看護師さん、受付でしっかりさえすけのことを聞いてくれて、しかも待合室でのさえすけを観察した上で、診察の方法を提案してくださった。おかげで、診察室に入る前に、さえすけに診察の予定を書いて知らせることができました。
そして診察室では、先生は「耳の中を見るよ」とさえすけにゆっくり伝えてくださった。さえすけはよそ向いてたけど絶対に聞いていた。先生ありがとうございます。
そして、2人の看護師さんが、多すぎない言葉かけで、最小限のそれでいてしっかりとした押さえで、なんとさえすけは声も出さずに逃げもしないで診察を終えました。なんと私は離れたところで見てただけ。

まあ、本当に耳の中を見ただけだったんだけど、さえすけの成長と世間の障がいへの理解の広がりを感じました。

さえすけの将来の財産がまた一つ増えました。

|

« マウイ島続き ~イアオ渓谷伝説編~ | トップページ | 北京報告1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16143/42188922

この記事へのトラックバック一覧です: 近所の耳のお医者さん:

« マウイ島続き ~イアオ渓谷伝説編~ | トップページ | 北京報告1 »