« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年10月

さえすけ父 会社にて

さえすけ父 ひさびさの投稿です

仕事量が減り、人余りになりできたプロジェクトに7ヶ月

今までやってきた設計業務ではなく、現場改善を担当していました。

 

いつの間にか慣れ親しんだ活動範囲で満足してたかな。

 

7ヶ月、現場やそこで働く人を知ることからはじめて、

次に自分を知ってもらい、自分の考えをぶつけて意見を交わし、

これまでのやり方を変えていく作業はしんどかったけど、

力を貸してくれる人が次々とあらわれて、

なんとか業務を進めることができました。

若いころからこうやってきたはずなのに、忘れてました。

 

プロジェクトは解散し、設計に戻ることになりましたが、

今までやってきたものとは違う製品を担当することになりました。

 

この年になって新しいことにチャレンジさせてもらえるのはありがたいこと。

そう思えるようになったのは この7ヶ月のおかげです。

明日からまたがんばります。

| | コメント (0)

恒例  秋のバーベキュー

さえすけ母です

連休中日に、今年で7回目になる学童保育のバーベキューがありました。

毎年、家族全員で参加してます。

が、今年は変化が・・・。それは、さえすけがずいぶん前からカレンダーを見ながら楽しみにしていた、ということ。そして、さえすけが、バーベキューも青空の下の自由時間も実際楽しんでいたということ。

昨年までは、行事にしかたがないから付き合ってる、という感じだったのですが、今年はさえすけが楽しんで過ごすことができました。

その理由は・・・、第1に「仲間」の存在。自由時間にさえすけに駆け寄ってきてくれて、「いっしょにやろうね」とずっと遊んでくれたRちゃん。さえすけはとってもうれしそうなにこにこ顔でRちゃんに顔を寄せていました。そして、公園のあちこちに散らばって遊んでいる学童の仲間を見ては安心して過ごしていました。
帰った後に、学童のお友達の顔を名前付きで次々に描いてました。

さえすけは、「仲間」と過ごすことの楽しさをちゃんと感じることができる!
幼少のころは、周りに誰が居ようとおかまいなしで、今日のような日が来るなんて想像もできませんでした。

第2に、同じ場所で開催されることからくる安心感。やはり、継続することは大切です。華々しく大玉花火をあげて終わりではなく、常に次につなげることを考えて活動を続けているわたぼうしに感謝です。

| | コメント (2)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »