UMEちゃんの前途を祝して

さえすけ父 久し振りの投稿です

今日はUMEちゃんの送別会に行ってきました。

少し離れたところに行ってしまいます。

しばらく会っていなかったので、どうしてなのかなぁと
思っていました。

 

UMEちゃんとはウォーリーつながりで知り合いました。

第一印象は  「ほんとに大学生?」   でした。

自分の大学のころ、いや当時の自分と比べても
とってもしっかりしていて、びっくりしたのを覚えています。

 

あれから5年、UMEちゃんはますますいい男になっていました。

この短い期間でとてもたくさんの経験をしたのでしょうね。
顔に書いてありました(^^)

それから、奥さんと二人のお子さんの存在が
彼の力をさらに大きくしているんだなと感じました。

 

愛知を離れる理由を聞き、UMEちゃんのやりたい仕事が
存分にできるように!と思いました。

UMEちゃんとは18才も年の差があるけど、
そんな感じはぜんぜんしない、頼もしい友人です。

ちょっと離れちゃうけど、これからもよろしくね。

2009.02.21 さえすけ父

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケーブルTV「知多半島人紀行」

ryusanがケーブルTVの番組「知多半島人紀行」に出てます!

今週中は知多半島全域のケーブルTVで見られます。

見ることができる方はぜひ見てください。おすすめです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

楽しいおやじ ウォーリー

更新しなかった一ヶ月の間にいろんなことがありました。

20060621 なかでも、ウォーリーの出前授業の記事が中日新聞に出たのにはびっくりしました。(←画像はJOさんからいただきました)

自閉症とはどんなものなのか、ウォーリーも私も子どものことがなかったら知りませんでした。だからこそ、多くの人に知ってもらいたいのです。知ってもらうことで子どもを取り巻く環境が良くなることを願っています。

先日、ウォーリーがうちに来るというので、さえすけとぎょうざを作りました。さえすけに負けないくらいたくさん食べるウォーリーを見て、さえすけはどう思ったのかな?

さえすけは何も言いませんが、とっても楽しそうです。さえすけ姉も母も私も、もちろんウォーリーもみんな笑っています。

さえすけが会わせてくれた楽しいおやじウォーリー、今度はさえすけ一家がおじゃましたいです。どう?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

カイパパ編著『ぼくらの発達障害者支援法』出版記念会

Kaipapa 4月23日カイパパさんの本『ぼくらの発達障害者支援法』の出版記念会に行きました。

会は①記念講演とワークショップ ②祝賀交流会の2部構成になっていて、当日つぼみの会半田ブロックのBBQに参加していた私は第一部の片付けから参加しました。

会の内容についてはこちらを見てください。

カイパパさんの挨拶を聞きながら、「自分はなんでここにいられるのかなぁ」とまた思いました。”また”というのはつぼみの会父親部のおやじたちと行動をともにするときにたびたび思うからです。

さえすけの障害がわかってから、情報を求め、動きまわるうちに私は運良くここにいます。運がいいとかでなく必要な人に必要な支援が届くよう、さえすけの父として行動する責任があるのですね。カイパパさんを見ながらあらためてそう思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)